いんきんたむしという病気は

2015-05-26

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、
健康体にも現れることがあるので重大な心臓の障害とはいえませんが、
発作が数回継続して起きる場合は危ないのです。


冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科手術では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」と「大動脈冠動脈バイパス術(CABG)」という二者の手術が活発に活用されています。


ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が失われた後に売られる、
同一の成分で経済的な負荷を少なく抑えられる(薬の価格が少額の)後発医薬品のことで、
近年浸透しつつあります。


脂肪過多に陥っている肥満はあくまで食事内容や運動不足などが要因ですが、
内容量は変わらない食事であっても、
大慌てで食べ終わる早食いをすることによって脂肪過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。


V.B6には、あのアミノ酸をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源を活用するために必要となる回路に取り込ませるために再びクラッキングさせるのを促すという機能もあります。


一般的には骨折しない程度のごく小さな力でも、
骨の限定された所に複数回繰り返し続けてかかってしまうことにより、
骨折が生じてしまうことがあるので注意が必要です。


ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のV.C.やV.E.(ビタミンE)などとは性質が異なり、
細胞と細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、
細胞膜でも抗酸化作用に優れています。

鍼灸のハリ

2015-05-25

呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、
現在までの研究結果として、ワクチンの効能が見通せるのは、
接種のおよそ2週後から約5カ月ほどだろうということが分かっています。


虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な施術としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング」もしくは「大動脈冠動脈バイパス移植手術」の両者の技術が高い頻度でおこなわれています。


内臓脂肪タイプの肥満が確認された上で、
脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、
高血糖のうち2~3項目合致する様子のことを、
内臓脂肪症候群と称しているのです。


内臓脂肪症候群であるとは言われていなかったとしても、
臓器の脂肪が多く蓄積しやすい特性の悪質な肥満症を持つ事に縁り、
複数の生活習慣病を発症しやすくなります。


塩分や脂肪分の摂取過多は中止して自分に合う運動に努めるだけでなく、
ストレスを感じすぎないような暮らしを意識することが狭心症を招く動脈硬化を予め防止する知恵です。


花粉症の緒症状(鼻みず、酷い鼻づまり、くしゃみ等)のために夜よく眠れないと、
それが引き金となって睡眠不足に陥り、
次の日起床してからの諸活動に悪いダメージを与えることもあります。

「体脂肪率(percent of body fat )」というのは

2015-05-24

エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルスの感染によって起こるウイルス感染症の事であって、
免疫不全を招いて些細な細菌などによる日和見感染や悪性新生物などを発症する病状の事を指し示しているのです。


大体は水虫といえば足を思い浮かべ、
ことさら足の裏にみられる病気だと捉えられていますが、
白癬菌がうつるのは足に限定されているわけではなく、
人の体ならどの部分にも感染するという恐れがあります。


抗酸菌のひとつである結核菌は、
感染した人が「咳」をすることによって内気の中に振りまかれ、
空気中にふわふわ飛んでいるのを別の人が吸い込むことにより感染していきます。


スギの木の花粉が飛ぶ時に、小さな子どもが平熱なのにしょっちゅうくしゃみをしたり水のような鼻みずが止まない症状だったなら、
『スギ(杉)花粉症』の恐れがあります。


もし血液検査で現在エストロゲンとゲスターゲンの量が基準値を下回り早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと判明したら、
不十分な女性ホルモンを補てんする手当などで改善が期待できます。


アメリカやヨーロッパ諸国では、
新薬の特許が切れてから約1ヶ月後には、
製薬市場の8割がジェネリック医薬品(Generic drug、
後発医薬品)に切り替わるという飲み薬もある位、
ジェネリック医薬品(Generic drug)は各国で採用されているという現実があります。

食事中は

2015-05-23

近年患者数が増加している花粉症とは、
森の杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの木や草の花粉が素因となって、
クシャミ・目や皮膚の痒み・微熱・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状をもたらす病気であることは言うまでもありません。


収縮期血圧140以上の高血圧が長い間続くと、
血管に強いダメージがかかり、体中の色んな血管にトラブルが生じて、
合併症を誘発する公算が高くなるのです。


「体脂肪率」というのは、体内における脂肪の占有する度合いのことを言い、
「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(somatic fat volume、
キロ)÷体重×100」という計算で把握できます。


ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失われてしまった後に発売されるもので、
まったく同一の成分で経済的な負荷を低くできる(薬の金額の高くない)後発医薬品のことで、
広く知られるようになりました。


体脂肪の量には変化が見られないのに、
体重だけが食事や排尿等によって一時的に増減するような時、
体重が増えた人は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、
体重が減少すれば体脂肪率が高くなることがわかっています。


日々繰り返される折り目正しい日常生活の維持、
暴飲暴食を控えること、自分に合った体操等、古臭いとも思える健康についての留意が肌のアンチエイジングにも関係しているのです。

自分では

2015-05-22

アルコール、お薬、合成乳化剤を始めとした食品の添加物等を特殊な酵素によって分解し、
無毒化する働きのことを解毒(げどく)と呼んでおり、
肝臓が果たしている大切な任務の一つだということは間違いありません。


過飲過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、肉体的なストレス、老化など複数の原因が絡むと、インスリンの分泌量が減少したり、
機能が低下したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病に罹患することになります。


「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、
fatty liver)という病気は、
動脈硬化や糖尿病を始めとするありとあらゆる健康障害の合併症を招く恐れがあるのです。


基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もせずにじっとしていても燃焼する熱量のことで、
大半を身体中の骨格筋・一番大きな臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で消費しているということはあまり知られていません。


虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科手術では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植術」の二つの異なる治療が高い頻度で使われています。


世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、
UV-A波の異常な浴び過ぎが皮膚病を招くとして、
18歳以下の若者がファッション感覚で日焼けサロンを利用する行為の禁止を強く世界中に提起しています。


ハーバード大学医学部(HMS)の研究結果によると、
一般的なコーヒーと比較して1日2杯以上カフェイン抜きのコーヒーに変えれば、
なんと直腸ガンの発病率を半分以上も減らせたということが明らかになっている。


日光を浴びると生成されるビタミンDは、
Caが吸収されるのを促すという働きで知られていて、
血液の中のCa濃度を調節して、
筋繊維の機能を調整したり、骨を作り出したりします。

« Older Entries

Copyright© 2014 健康・医学は逆から学べ! All Rights Reserved.